ニキビや吹き出物の塗り薬について

ニキビに効果のある塗り薬というものは、思春期に出来るニキビと大人になってから出来るニキビで異なります。
ニキビは全部同じだ!と思っている人も多いですが、思春期に出来るニキビと大人に出来るニキビとでは異なるのです。
したがって、自分自身のニキビの症状に合わせて塗り薬を選択しなければいけません。

 

大人のニキビの場合は専用の塗り薬は、全て自分に合う!と訳にはいかないです。
大人ニキビの中でも部分はもちろん、症状や原因が違ってきて、当然の事ながら合う塗り薬も変わってきます。

 

全て同じになっている総合的な効果がある塗り薬もありますが、なるべく自分自身だけのニキビの症状に合わせて選ぶ方が治療の効果も大きくなります。
ニキビの塗り薬で知名度も高いのが、クレアラシルやピンプリットなどです。

 

クレアラシルはコマーシャルもよく流れていたので馴染みのある人も多いです。
ピンプリットは医師の処方薬に非常によく似た成分が配合されていますので、効果的だと利用者も増加している人気の商品です。

 

どちらの塗り薬も医薬品に分類されており、皮脂での毛穴詰まりの改善や殺菌作用、消炎作用などといった効果が期待できます。
ピンプリットの方は毛穴の通気性を非常に良くしてくれる効果があるのでオススメです。